塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 買い物カゴ HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > 塗装技術 > なんでも塗装Q&A スキー・スノーボード(スノボ)

なんでも塗装 Q&A スキー・スノーボード(スノボ)

  塗装のまめ知識 Q&A一覧に戻る
Q. 02  12/10 
スキーの板にクリアを塗りたいのですが 何を選んだらよいのか 
決め手に困っています。光沢のあるクリアでお勧めは何になるでしょう。
ちなみにスキーはウッド調なのでクリアの光沢が欲しいのです。
A.お問い合わせありがとうございます。
スキー板にクリヤーを塗装したいのですね!
今現在のスキー板の塗装がラッカ系の塗料以外でしたら、
ウレタンクリヤー10:1タイプをお勧めします。
http://www.tosou-ya.com/p_toryo_uretan_clear.htm
しなりに強くて、なおかつ溶剤に強いです。

塗装する際は、塗装面はしっかりと油脂分を取り除き #1000程度で足付けした後に、塗装してください。
また、塗料を購入していただいた際には、簡単な取扱説明書を同封しておりますので
参考になるかと思います。
お問い合わせありがとうございます。
Q.先日、スノボーのクリヤーを吹いたのですが、塩の結晶みたいな感じになって表面がザラザラになってしまうのは、どうしてですか?うすめ液の量は、100に対して50ぐらい入れて吹いてます。硬化剤も10入れてます。
A.クリヤーに対しての希釈率、比率は、問題ありませんね!したがって、問題がるとしたら、
1.下地の処理が悪い(しっかりとペーパーが当たっていない)
2.ガンのカップの中を綺麗に洗浄されていない。(塗料カスが出る)
3.クリヤーを吹く場所がホコリっぽい。(吹いた時は良くても乾燥させている間にホコリが乗ってしまう)
4.クリヤーを吹く商品自体のチリ払いがしっかりとできていない。
などが考えられます。
上記以外に、まだ問題があるかもしれません。今後問題が出るようでしたら、写真を添付していただくか?
もしくは状況をTELでお聞かせ下さい。原因は必ずあるはずです。
吹いている場所、ガンの状態など含め、素材/温度/季節/湿度/設備/下地処理/場所/塗料配合
全てが欠けてもクリヤーは綺麗に仕上がりませんので、このような問題は、一つ一つ解決していくしかありませんね。
今回、お客様からの状況内容を詳しくお聞きしました。吹き始めは綺麗なのですが、
吹き終わると最初に吹いた部分が塩の結晶のように(ザラザラ)なっているとのことでした。
これは、
最初の方に吹いたクリヤーが乾燥してしまっている為に、最後の方で吹いたクリヤーの霧(ミスト)が付着し馴染まずそのまま乾燥してしまい、塩の結晶のような状態になってしまったと判断します。
<結論>
クリヤーの乾燥が速すぎるのです。これは、うすめ液を乾燥の遅いタイプに変えて吹けば解決できるはずです。
遅いタイプに変えることによって、乾燥し始める前に霧(ミスト)が馴染んでくれるのです。
極力スピーディーに吹き付けをする事を心掛けて下さい。
スノボーレベルで素人さんでしたら約3分以内には吹き終わらせたいですね!
たかがうすめ液、されどうすめ液です。ゼストには、いろいろな用途に合わせたうすめ液をご用意してあります!
耐熱・塗料の通販はおもしろ塗装工房にお任せ下さいい
(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介