【おもしろ塗装工房】 HOME > 塗料・溶剤 >ウレタンコーティングスプレー

ウレタンクリアーコーティングスプレー

ウレタン コーティングスプレー


発色や硬度などを考えると、カラーリングではやはりウレタン塗料を使いたいところ。しかし、ウレタン塗料はやや扱いが面倒なのも事実です。
そこで、「エアブラシは持っていないし、塗装って面倒」 でも塗幕の強いコートが欲しい、というわがままなアングラーのために開発された、 ウレタンコーティングスプレーです。 色流れしてしまうカラーに、コーティングスプレーでさっとひと吹き、色止め効果。
乾燥後、ジグ専用一液ウレタン等でディピング!
スプレーと一液ウレタンを上手に使い分けて、強い塗幕を実現!!

【使い方】
すぐに使えるウレタンクリアーコーティングスプレーです。
塗り面積:1回塗り2.0u 2回塗り1.0u
カラーリング後の色流れ防止に 色流れしてしまうカラーに、コーティングスプレーでさっとひと吹き、色止め効果。 乾燥後、ジグ専用一液ウレタン等でディピング!! スプレーと一液ウレタンを上手に使い分け!
※ウレタン塗料を使用する際は、通気性の良い環境で作業して下さい。また、あまり長時間行わないよう計画して作業を行って下さい。
※乾燥の際は、気泡の発生を防ぐため、温度の安定した通気性のよい場所で乾燥させて下さい。不要な熱は気泡の原因となりますのでご注意下さい。

<取り扱い上の注意>

※火気と高温に注意
高圧ガスを使用した可燃性の製品であり、危険なため、下記の注意を守ること。
1.炎や火気の近くで使用しないこと。
2.火気を使用している室内で大量に使用しないこと。
3.高温にすると破裂の危険があるため、直接日光のあたる所や火気等の近くなど温度が40度以上となるところに置かないこと。
4.火の中に入れないこと。
5.使い切って捨てることt。

【お客様からのご質問】
Q1.先日、御社のウレタンコーティングスプレーを購入しました。
現在ルアー作成中で色止めに使用してみたところ粒子が荒いといいますか、ザラザラとした状態です。
乾燥を交えながらツルツルになるまでスプレーを繰り返すのか、またはキメの荒 い状態でドブ漬けの工程に移ってもよいのか。
どのような使い方が正しいのかご指導よろしくお願いします。

A1ざらつく原因として、いくつか原因が考えられます。
1.吹いているものと、スプレーガンとの距離が離れすぎている。 特に今の時期(夏場)は高温のため 吹き付けてからルアーに付着する間に距離があると塗料が乾いてしまっている可 能性があります。 私の場合5pから10p程度の距離を開けてで吹いています。

2.スプレー缶をよく撹拌しているか? 以上の点を踏まえて、ざらつきがなくなるまでしっかりとコーティングを行って見てください。
表面はできたらざらつきがない方が、ドブ付け後のトラブルは起きづらくなります。

<お客様からの返信>

どうやらスプレーとルアーとの距離が遠すぎたため塗膜がざらついてしまったようです。 スプレーを近づけたら綺麗に吹けました。 ありがとうございました。


【ウレタンクリアーコーティングスプレー】
商品番号:US001
商品名:ウレタンクリアー コーティングスプレー 

NET:300ml
価格:1950円
売り切れました

買い物カゴの中身を見る

★★★★


お支払い・手数料・発送・返品等につきましては、こちらをご覧下さい。