【おもしろ塗装工房】 HOME > 塗装技術 > 【リペイント】再塗装|ロードバイクの再塗装
ロードバイクの再塗装
おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承りますお申込みはこちらから。
電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

ロードバイクの再塗装

お客様の要望

ロードバイクを塗装をお願いしたいと思っておりますが、錆が結構付いている物でも塗装していただけるでしょうか?
カラーは元の色目でお願いしたい。


■ロードバイクの再塗装 塗装NO.1  2011年7月25日開始 

ロードバイクのフレームとフォークのリペイントです。
まずはカラーを一旦剥離してからのスタートとなります。
どのようになるか乞うご期待!


指定していただいた箇所にマスキング・・・


その後ミニサンダーで凸凹を研磨


その後ミニサンダーで凸凹を研磨


その後ミニサンダーで凸凹を研磨

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.2  2011/7/28

剥離剤を使用して剥離をするのですが
弊社の剥離剤は気化率が高く
すぐに気化してしまいます。

そこで、布に染み込ませた剥離剤を
フレームに巻き、ラップで包みます
時間を掛けてじっくり塗料を浮かせます。
その後、ワイヤーブラシで塗膜を剥がして行きます。

ここまでで剥離剤は1L以上は使ったかな?意外と使ったかも・・・ 

塗膜を剥がした後は、錆を取ります。
パーツが重なっている部分は指が入らないのでワイヤーブラシで擦ります。

その他は、#240で錆を落としていきます。
幸いなことに錆も表面のみについていたため、意外と簡単に取れました。

ここまでで、3日ほど掛かっています。

塗料剥離に結構時間が掛かってしまいました。

(写真下)



■ロードバイクの再塗装 塗装NO.3  2011/8/1

今日はウレタンサフェーサーを吹いていきます。
ウレタンサフェーサーは
防錆鋼板やアルミ鋼板に対する密着性・耐ブリスター性に優れているので、ちょうど適した下地剤ですね!



使用スプレーガン 明治F55(平吹き0.5口径)
10(主液):1(硬化剤):7(薄め液夏)

の混合比で吹いていきます。

吹き方の基本は、一番目立たない場所から吹いていきます。

フレームなら下の部分から吹いていきます。
最後に一番目立つ部分を吹くようにしていきます。


フォークも同じように吹いていきます。


スプレーガンの口径が少々小さめなので、
たっぷり目に吹きかけることを意識して吹きました。

写真1

写真2

写真3

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.4  2011/8/5

今日はウレタンエナメル吹きです。

最初の見本の色を剥離させてしまうので
色を剥がす前に、調色してカラー手板を作っておきました。


調色はウレタンエナメルのホワイトとブルー
ちょっとだけブラック・エローを隠し味程度に混ぜています。

写真@

10(主液):1(硬化剤):7(薄め液)の混合比で吹いていきます。
写真A

フレームも吹いていきます。
写真B

吹き方の基本は下側、見づらい所から吹いていきます。
一番目立つ箇所を最後に吹きます。

写真1

写真2

写真3

写真4

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.5  2011/8/9

先日、ウレタンエナメルを吹いたので、今日はウレタンクリヤー吹きです。
10:1:7の混合比で吹いていきます。

写真@A

フォークを吹いて、その後フレーム吹きです。

いいぞ!!

いい艶が出てきたぞ!

半日のインターバルをおいた後、2回目クリヤー吹きです。
写真C

フレームも同じようにクリヤーを吹いていきます。
写真D

とりあえず塗装の工程は終了〜
後はじっくり乾燥させて
磨いて終了となります。

ここまでで90%終了です。

 
写真1

使用スプレーガン 明治F55(平吹き0.5口径)

 
写真2

 
写真3
 
写真4
 
写真5

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.6 2011/8/15

じっくり乾燥させたので今日は
磨きです!
中目・細め・艶出しと3タイプのコンパウンドを
順番に磨いていきます。

完成です!
 
写真1

 
写真2

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.7 2011/8/23

完成〜と行きたいところでしたが、個人的に思った以上の艶がでず
納得がいかず・・・


#1000で足付けし
もう一度クリヤー(3度目)を吹きます。

○○さまゴメンなさい!
もう一度クリヤー吹けば納得のいく艶になりそうなので、
今しばらくお待ちくださいね!

よし!これでOK!!


次回、乾燥させて磨きです。

 
写真1

■ロードバイクの再塗装 塗装NO.8 2011/8/30


 
写真1 クリヤーをじっくり乾燥させ

 
写真2 磨き中

改めて磨きを行なって・・・写真@

終了〜

○○さま
大変お待たせいたしました。

もう一度クリヤーを吹かせていただき、納得のいく塗装になりました。

 
@じっくり乾燥させたので改めて磨きを行ないます。

 
フロントフォーク完成! 

 
フレーム完成!!イイ艶になりました。

 
すべての工程が終了いたしました。