【おもしろ塗装工房】 HOME > 塗装技術 > 【リペイント】再塗装|自転車フレーム マジョーラマゼラン塗装
自転車フレームの塗装【リペイント】再塗装
おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承りますお申込みはこちらから。
電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

自転車フレーム マジョーラマゼラン塗装

お客様の要望
自転車のフレームとフォークをマジョーラマゼランで塗装して欲しい。
ロゴはこちらで張ります。


■本日の塗装屋ドットコム NO.1  4/20



今日から自転車のフレームのリペイントです。

マジョーラマゼラン色に塗装して欲しいとのこと。
ん〜超〜派手になる予感・・・
了解しました。 自転車かっこよく仕上げちゃいます。 赤い自転車がどのように変わっていくのか 楽しみですね!

■本日の塗装屋ドットコム NO.2  4/23

まずは使いこんでいる自転車なので、油やグリスがべったり着いているので
しっかりとシリコンオフで洗浄しましょう。
写真@

ブラシ等で丹念にグリスを落としていきます。


写真@

■本日の塗装屋ドットコム NO.3  4/24

今回はトップコートの剥離も依頼されたので
トップコートの剥離も行います。

剥離剤でトップコートの剥離を行うのですが
弊社剥離剤は気化率が高いので、まずウエスに剥離剤を染みこませ
その上からラップやビニールを巻いて気化を抑えます。
写真@

すでにフレームの前部分は同じ作業にて
剥離が済んでいます。
各パーツごとに同じ作業を繰り返していきます。

ラップにくるんで約30分
塗料がメラメラって浮いてくるので、ワイヤーブラシで浮いた塗料を剥がしていきます。写真A
この作業超〜楽し!


途中剥がれにくい箇所もあるので、そのような場所は
こう一度、ウエスに剥離剤を染みこませ
時間を掛けて剥離していきます。




どうだぁ!


まずはフォーク!!
綺麗に剥離できたぞ!!
写真B


続いてフレーム!!
写真C

出来た〜

これまでに使用した剥離剤約1L
意外と使ったし・・・(^_^;)


ま〜下地の塗料がのこならない様に剥離するには
一番良い方法かな?


半日掛けて剥離終了〜


写真@

写真A

写真B

写真C

■本日の塗装屋ドットコム NO.4  4/26

今日は下地の塗装に入ります。
先日フレーム・フォークを綺麗に剥離し、
塗装してはいけない場所をマスキングし・・・


ウレタンサフェーサーを吹いていきます。
写真@
このウレタンサフェーサーはバイクや車など錆び易い
素材に塗装するための
防錆効果のある密着性・耐ブリスター性に優れた
ウレタンサフェーサーを使用します。
私たちプロが愛用している下地専用サフェーサーです。

サフェーサー使用量はフォーク・フレーム共に合計で主液100mlで余るか余らないかぐらいです。

今回は下地にウレタンブラックを塗布するので
下地のサフェーサーはグレー色を選択しています。トップコートが濃い色の場合はグレー
明るい色、白とかイエローとかを吹く場合
サフェーサーのカラーは白を選択するとよいでしょう。

使用スプレーガン:FMU−G05(平吹きタイプ)
このガンは、塗料の飛散を抑え密着性の良いスプレーガンなので今日はこのガンを使用して
サフェーサーを吹いています。
10(主液):1(硬化剤):7(うすめ液冬用)の混合比で吹いてきます。
写真B


 
写真@

写真A

写真B

■本日の塗装屋ドットコム NO.5  4/27

今日はウレタンサフェーサーの研磨からです。
#600〜1000程度のサンドペーパーで
ブツ・ホコリ等を研磨していきます。
意外とあっさりでよい。


その後マジョーラ吹くためのウレタンブラックの準備です。
マジョーラマゼランを吹くには下地にブラックを吹く必要があります。

ウレタンブラックを10(主液):1(硬化剤):7(うすめ液)夏用使用
100mlセットだと
主液100mlに対し硬化剤10mlうすめ液70ml
塗料の調合合計量180mlになります。
今回は主液100mlでも少々余りました。

上記混合比で吹いていきます。
写真A

吹く前には必ずチリ払いを忘れずに・・・

フォークのあとは、今度はフレームです。
まず吹きづらい下側からフォークを逆さまにして吹いていきます。(写真B)

その後はフレームを起してぶら下げて吹いていきます。
イイね!



写真@

写真A

写真B

■本日の塗装屋ドットコム NO.6  5/2

今日はマジョーラ吹きです。

マジョーラマゼラン原液8mlを5倍ほどうすめ液(冬用)で希釈し、40ml程度にします。

今日の使用ガンはFMU−05(平吹き)
塗料を絞れるのと、飛散が少ないから
今回のように高額なマジョーラを吹くには最適な
スプレーガンだね!

少しずつ何度もカラーリングしていきます。

まずは下側部分をフレームをひっくり返して
吹いていきます。写真A

その後反転させてワイヤーで吊るし
マジョーラを吹いていきます。
ちょっとだけセンター部分のブラックを残して
見ました。
写真B
イイね〜
これはこれでなぜかカッコイイ!!
こんなカラーもありだね!
遊びはこの辺にして・・・(^^ゞ


お客様の要望はすべてマゼラン塗装が希望ですので、センター部分もマゼランを吹いていきます。(写真C)

フレーム完成!!
写真D


同じようにフォークもマジョーラマゼランを吹いていきます。
写真E


マジョーラ完成!!

イイね〜
よ〜く見ると、タマムシのような綺麗なカラーです。

こりゃ〜目立つぞ!!


今回は、マジョーラマゼラン使用8ml×2本であまりました。


写真@

写真A

写真B

写真C

写真D

写真E

■本日の塗装屋ドットコム NO.7  5/11

只今 フレーム 帰宅中!! シール・ロゴを貼っていただいております。

■本日の塗装屋ドットコム NO.8 6/14

シール・ロゴを貼っていただき
戻ってきました。

ここからクリヤー吹きになります。

まずは、長い間留守したので、塗料が完全乾燥しているので、軽く足付けをします。
#1000
(写真@)



ウレタンクリヤー10(主液):1(硬化剤):7(薄め液夏用)の混合比で吹いていきます。
(写真A)

こだわりのシール「飛ぶが如く・・・」
カッコイイね〜(写真B)

午前中一回吹いた後、午後2回目の重ね吹きをしていきます。
(写真D)



写真@

写真A

写真B

 写真C

写真D

■本日の塗装屋ドットコム NO.9 6/18

お客様からの要望で、シールの段差を出来る限りなくして欲しい
とのことです。

本来でしたら、ここで終了なのですが
今日はもう一度ウレタンクリヤーを吹期待と思います。

3回目のクリヤーです。写真@

イイね〜
イイ艶が出ました!(写真B)


半日後、ウレタンクリヤー4回目を吹いていきます!(写真C)


これでクリヤーは終了〜

数日クリヤー乾燥させてたいと思います。



使用スプレーガン:明治FMU−G05(平吹き)



写真@

写真A

写真B

写真C

写真D
>

■本日の塗装屋ドットコム NO.10 6/19

今日は磨きを行い終了したかったのですが
シールを見たらちょっと段差が気になったので

もう一度クリヤーを吹くことにしました。


段差のシール部分を#600で段差をなくすように足付け。
写真@
この段階で多少の段差はありますが
正直シール自体が厚いため、これが限界として
最終クリヤーを吹きます。
写真A

その後4時間後、ウレタンクリヤー重ね吹きです。
写真B

よ〜し!!


これで本当に終了にしたいと思います。
2〜3乾燥させて完成となります。

 

クリヤーは6回になりました。
あ〜長かった・・・



写真@

写真A

写真B

■本日の塗装屋ドットコム NO.11 6/21

今日は磨き作業です。
写真@

フレーム・フォークを確認し、ブツ等があれば#2000で研磨して、磨いていきます。

完成〜!!


超〜かっこいいし!


「飛ぶが如く!!」


ん〜イイですね!


○○さま

大変お待たせいたしました。

自転車フレーム・マジョーラマゼランへのリペイント完成しました。



写真@

写真A

写真B

写真C

■本日の塗装屋ドットコム NO.12 6/22

お客様からのうれしいお便り。

塗装の依頼をした〇〇です。

本日、品物が届きました。
予想以上の出来に、とても満足しています。

今回、いろいろとご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ありませんでした。

また、塗装をお願いすることになることがあれば、こちらも迅速な対応を心がけますので、
何卒よろしくお願いします。

今回は本当にありがとうございました。



〇〇さま

うれしいお便りありがとうございます。
喜んでいただいて何よりです。

通常より多く工程をこなしましたが結果、納得いく塗装ができました。
命を吹きかけましたので、何十年も乗っていただければ幸いです。

また何かございましたら、「おもしろ塗装工房」ご利用くださいませ。

ご依頼ありがとうございました。