おもしろ塗装工房本店は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料を通販でお届けする、塗装のプロショップです。

塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 お買い物について HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > リペイント > 鞘の塗装

刀の鞘 塗り 

おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承ります お申込みはこちらから
2010年12月10日開始 
お客様からのご要望
刀の鞘を鞘を、オートカラーレクサスレッドマイカクリスタルシャイン色に

※電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。
専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

 ●本日の塗装屋ドットコム

 2011/1/13

鞘の塗装(特注色)07

磨き中!!

完成〜


じっくり乾燥させたので
今日は、磨き作業です。

ブツやホコリなどを丹念に磨いていきます。

そして完成〜


ようやく・・・

ようやく完成しました。

途中、色が合わなかったり納得できなかったのでやり直したりしたので、予定より遅れてしまいましたが、
納得できる塗装になりました。


○○さま
大変ご迷惑お掛けいたしました。
鞘完成です。

 ●本日の塗装屋ドットコム

 2011/1/05

鞘の塗装(特注色)06

年末一度クリヤーを吹いてじっくり乾燥させたので
今日は、2度目のウレタンクリヤー吹きです。

イイね〜

これでじっくり乾燥させます。

完成間近!!


鞘 クリヤー吹き
2度目のクリヤー吹き中
鞘 最塗装

 ●本日の塗装屋ドットコム

 2010/12/27

鞘の塗装(特注色)05

パール色・・・いい感じでしょ?わかるかな〜

先日吹いたクリヤーパールにもう少しカラーを似させたいのでウレタンクリヤーにマホガニ色のステインを混合させて
最終カラー調整しました。
いいぞ!
バッチリ色が合いました。

一番気になっていたパール色がレクサスのレッドマイカとほぼ同色に近づけることができました。

後はマスキングを外して、クリヤーを吹き→磨きで終了となります。

ちょっとホッとしました・・・

 ●本日の塗装屋ドットコム

 2010/12/21

鞘の塗装(特注色)04
今日はパール吹きです。
見本を見る限りパールに色が付いているように見えます。
試しにレッドパールを吹いてみるも
色目がまったく違ってしまう・・・

やり直しです・・・

続いてウレタンクリヤーにホワイトパールを混合させ
ステインのレッドを吹いてみる。
いいぞ!いい感じに近づいてきました。

 

 ●本日の塗装屋ドットコム  2010/12/15

鞘の塗装(特注色)03
 



 

 
まずは、下地塗りホワイトです。
通常のカラーを吹く場合、下地の色が濃かった場合、トップ色が隠蔽せず
下地のカラーが、そのまま出てしまうことがあります。

そのために一度ウレタンのホワイトを吹いて
この次に吹く、カラー色が変色しないようにしています。

本日の使用塗料・設備
ウレタンホワイト
10(主液):1(硬化剤):7(薄め液) 以上で混合させた塗料を
スプレーガンはFM2ーG05口径にて
吹きつけ。

その後乾燥させ、
ウレタン調色カラーベースを
上記混合比で吹きつけ。

今の段階は、おおまかなカラー色です。
この後、微妙な調整をしていきます。

今日はここまで。

 ●本日の塗装屋ドットコム  2010/12/13

鞘の塗装(特注色)02
今日は、鯉口・栗形・コジリ をマスキング

打ち合わせでは、マスキングせずそのまま全体を塗装してもよいとのことでしたが
やはり鯉口・栗型・コジリ等は同色ではまずいですね!

打痕等があったため、パテ埋めして
平らに・・・

そしてペーパーあて、下地前の処理が終わりました。

 

鞘研磨中 
#320→#400→#600で研磨

鞘マスキング中
マスキングも丁寧に・・・

 ●本日の塗装屋ドットコム  2010/12/10
鞘の塗装(特注色)01
鞘の再塗装 鞘塗装

鞘のリペア 
 

鞘の塗装依頼です。

レクサスのワインレッド調に塗装します。


パット見は、ブラックの艶ありに見えたのですが
よ〜く見ると、変わり塗り「渦潮塗り」のようです。

塗装してしまうにはちょっともったいない気がしますが、どんなカラーに仕上がるか楽しみです


鞘塗装今日からスタートです。


(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介