おもしろ塗装工房本店は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料を通販でお届けする、塗装のプロショップです。

塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 買い物カゴ HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > リペイント >テーブルの塗装・リペイント

ダイニングテーブルの再生・塗装 

おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承ります お申込みはこちらから

2010年2月3日〜3/11  

※電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。
専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。
おおよその見積もり金額は,
こちらよりご確認くださいませ。

お客様からのご要望
長年使ったダイニングテーブルが、鍋やヤカンの熱で白くなっているので、再生して欲しい。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/3/26

 

 

 

すみません。
ガタガタしていて更新をすっかり忘れてしまっていました!!<(_ _)>

完成〜しました!

いい感じに仕上がりました。

最初に来たときのテーブルと比べてみてください!

高級フラットを使用しているので、仕上がり感が上品です。
(フラットの種類でも差が出ます。)


お客様も大変喜んでいたただきました。

長い間お預かりしてご迷惑おかけいたしました。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/3/10

 

まだ白っぽく見えますが、最終的にウレタンフラットの全消し(透明)を吹いて行きます。

テーブル(天板)周りを若干濃くカラーリングすることによってテーブルの高級感と深みを出します。
テーブル周りが濃いのが分かるかな〜

この工程(アンチ)も、くど過ぎずあっさり過ぎず、過去の経験がものを言うのです。ちょっと自慢・・・


カラーリング終了〜

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/3/5

 



カラーリングスタート

カラーリングです。
リペイント前の色に再塗装ということで
こちらで預かっている、脚の色に調合していきます。

ウレタンフラット全消しの中に
ステインのブラウン・ブラック・エロー・若干のマホガニを調合し
脚の色に合うよう調合しています。

正直ってこの工程が一番難しいです。
脚の色を見ただけで、何色と何色が入っているのかを判断し、調合していくのです。
慣れなかったころは、この調合だけで一日以上掛かったことがありました。

失敗した塗料を何度捨てたことか・・・・
ふと昔を思い出したりして。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/26

 

先日、ポリサンで埋めた箇所をベルトサンダーで
研磨していきます。
この工程は表面の凸凹を平らにする役割と
この後のトップコートへの密着を良くするための工程になります。

 

 
#320で研磨中              #600で軽く慣らします。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/23

 

 

先日、下地のヤニ止めシーラーで着色後
木目の導管を止めるため、ワインピングを刷け塗りして導管を止めます。

その後ポリサンを2回吹いて肉持ちを持たせます。

ポリサンは扱いが難しいためHPでは販売していませんが、HPでいう中塗りのウレタンサンディングと用途的には似ています。サンディングより肉持ちのよい中塗り剤なんです。

ほら、肉持ちがあるでしょ!
ウレタンサンディングなら3回〜4回ぐらい吹く必要があります。

今日はひび割れた部分をポリサンで埋めていく作業をしています。(写真左)

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/15

 

下地剤を吹いています。
HPでは販売していませんが、通称ヤニ止め(シーラー)に
ステインのブラウン・ブラック・マホガニ・エローを混合させ
元の色目に合わせて吹き付けていきます。(写真右)

スプレーガンはちょっと古いF−100 口径1.5タイプを使っています。このスプレーガンは、家具や下地剤・ウレタントップコートなどのような大きめなものを吹くときにとても便利なスプレーガンです。

 

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/9

 


#180でバリバリ研磨中(腕が痛い・・・)

 

ちょっと研磨でお疲れ模様!!
やれどもやれども硬い塗膜が削れません。

大まかトップコートを研磨した後、今度はベルトサンダーでバリバリ研磨していきます。#180〜#320


ようやく元の木地が出てきました。
最近多いプリント合板と違って、無垢材は高価ですが
塗幕を研磨すれば
何度でも再生が可能です。

よ〜し、小口もしっかり研磨して・・・・


完成〜


違うか!ようやくスタートラインに立ちました^_^;

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/4

 

まずは地道な作業からスタートです。
ミニサンダーに#60のペーパーを取り付け
バリバリトップコートを研磨していきます。

長年経っている塗料は硬くて削れないぞ!
やれどもやれども進まない・・・(ToT)
ん〜大変だ!

 

 

 ●本日の塗装屋ドットコム 2010/2/3

 


割れなども目立ちます。

打痕やキズが随所にめだちます。
 
熱による白化現象を起こしている。               

 

こんな感じのテーブルを再生していきます。
乞うご期待!!

(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介