おもしろ塗装工房本店は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料を通販でお届けする、塗装のプロショップです。

塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 買い物カゴ HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > リペイント >オルガン天板のリペイトン

オルガン天板の再塗装 

おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承ります お申込みはこちらから

2011年6月30日〜 

※電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。
専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。
おおよその見積もり金額は,
こちらよりご確認くださいませ。

お客様からのご要望
コンボオルガンの木製トップの部分なのですが、
ビーニールが付いていたところを剥がしましたので、塗装をお願いできないかとお問い合わせいたしました。
色の見本はあります。よろしくお願いします。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/22

 


 
@
雲が映りこんでいます。
A

B


ようやく完成〜

たくさんの工程を経てようやく完成いたしました。

磨き(ピアノ)塗装は、パット見は「綺麗だね!」で
終わってしまうような塗装ですが、
実は以下のようなたくさんの工程を経て完成します。

とっても気を使う塗装ですが
完成した時の充実感は
それはそれは、「やった〜」の一言です。

依頼された商品に、改めて命を吹きかけることができました。

○○さま

お待たせいたしました。

ボンゴオルガンの天板磨き塗装完成しました!






 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/21

 

今日は最終工程の磨きです。
えっ!って思うかも知れませんが
またまた研磨していくのです。
この作業はUVを吹いたときのエアー圧による
波打ちをベルトサンダーで、平らにしてから
磨きの作業に入ります。

#1000です。写真@

その後は、バフ磨きです。
荒め・細め・艶出しと3回に分けて磨いていきます。
写真A・B

小口も小さなバフ機で磨いていきます。
写真C






研磨中 バフ磨き中
@                  A
  
B                  C

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/19

 


@#600で研磨中        A研磨するとこんな感じ

B                  C
UV照射器によってUV塗料が硬化していきます。
D

先日UVクリヤーを吹いて磨こうとしたのですが
肉持ちが無いように感じたので
もう一度、UVクリヤーを吹くことにしました。

追っかけで吹くことは出来ず、一度全体に足付けをしないと
塗料の密着が悪いので
全体に足付け作業をします。
写真@・A

そしてもう一度UVクリヤー吹き
写真B

いいぞ〜

Cこんな感じになりました。
肉持ちもよくカラーに奥行きが出てとっても高級感のある
仕上がりです。

そしてUV照射です。
写真D




 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/14

 

今日は、UVクリヤー吹きです。
10主液:3薄め液の混合比で吹いていきます。
写真@

スプレーガンはF100−G1.3口径を使用し
小口・裏側天板という順番で吹いていきます。

UVクリヤーが吹き終わった状態です。
写真B
とっても高級感のある仕上がりですね!

一時間ほど溶剤を飛ばしてから、UV照射器で硬化させていきます。写真C


照射していくさなか、見る見る硬化していきます。
一通り照射し、硬化度合いを確認します。

よし!バッチリです。
これでUV塗装は終了〜

次回磨きを行なって終了となります。
仕上がりが楽しみです。



小口もしっかりと塗装していきます。
@UV吹き付け中         A
クリヤーがたっぷりのり高級感が出ました。 UV照射中
B                  CUV照射中



 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/12

 

爪を立てても傷つかないぞ!    ベルトサンダーで研磨中
@爪を立てても傷つかない硬度があります。 A#400〜#600で研磨
小口も研磨 チリ払いをして
B                  C

ウレタンエナメルで調色中 
D                   E


F手板と同じカラーに合わせて吹きました。

今日は先週ポリサンを吹いてじっくり乾燥させたので
仕上げ前の研磨です。


小口もしっかりと平らになるように研磨です。
写真B


そして、磨いだチリとホコリを
エアダスターで払います。
写真C


これで準備OK!!


そして見本となる手板を送っていただいたので
見本のカラーに調合していきます。
使用塗料はウレタンエナメルです。
写真D グリーン・エロー・ホワイトで少しずつ色を入れながら調合していきます。
意外と調合作業が大変なんです。
作ったときのカラーと吹いたときのカラーって
若干違うように見えるんです!


よし!バッチリだ!

10(主液):1(硬化剤):7(薄め液夏用)
の混合比で吹いていきます。
写真E
使用スプレーガンはF100−G1.3口径

カラーリング終了です。
写真F

これでほぼ80%の仕事が終了しました。



 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/8

 
先日ポリサンを吹いて2日ほどじっくり乾燥させたので、今日は研磨からスタートです。


問題ないとは思いましたが、やっぱり肉持ちが若干悪いと思い

もう一度ポリサンを吹くことにしました。
ベルトサンダー#400で研磨して小口も#320で研磨写真B


そしてもう一度ポリサン吹きです。
写真C

これで肉持ちもよく、高級感のある仕上がりになるはずです。

あ〜楽しみ!!

 
@2回目ポリサン後の写真         A#400で研磨中!
  
B                    C

D

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/5

 

 
@                         A
 
B                         C
こんなにポリサンをたっぷり吹きます。
D
ポリサンが乾くと目痩せします。
E
 2回目も同様たっぷりとポリサン吹き
F                   G

MDFサフェーサーをじっくり乾燥させたので今日は、ポリサン吹きです。

その前にミニサンダー#240で足付けです。
バリバリ研磨していきます。写真@

ポリサンとはピアノ塗装やエレキギターの艶あり(鏡面)塗装ででよく使われる、中塗り塗料のことです。
肉持ちがよく、硬くなる塗料です。

ポリサンは硬化の際に熱を発しやすく、
火災などの原因になる塗料なので、今では塗装屋でも敬遠されがちな塗料です。

ある程度塗装経験(知識)のある方のみ、使用していただけると幸いです。
使用方法などはご相談ください。


さて、話を元に戻して・・・

ポリサンに硬化剤を混ぜよく拡販します。
写真A

吹く前に@で磨いだ粉をエアダスターで払います。
丁寧にチリ払いをします。

ポリサン吹きです。B使用スプレーガンは
明治F100−G1.3口径(チューリップ型)
エア圧を上げて、たっぷり塗料の乗せていきます。写真D
意外と塗料乗っているでしょ?

ポリサン200〜250mlぐらいを使い切るぐらいです。

そして、4時間ぐらい乾燥させると
写真Eのように目落ちしてくるのです。

わかるかな〜

写真Eの小さな気泡みたいなものが目落ち部分です。

これではNGなのでもう一度ポリサンをたっぷり吹きます。
一回目とのインターバルは約4時間取りました。

同じようにポリサンをたっぷりと吹いて行きます。写真G

ポリサン2回吹けば、もう目痩せもありません。

後はじっくりポリサンを乾燥させます。

今回のポリサンの変わりに、ウレタンサンディングを4〜5回吹いて対応してもOKです。
ポリサンはウレタンサンディングに比べ、扱いは楽なのですが、肉持ちと硬度が若干劣ります。

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/4

 

ワイピングは乾くと白く粉を噴いたようになります。
そうなれば次の工程に移れます。

今日はMDFサフェーサー吹きです。
@白く濁ったような塗料ですが、吹いて見ると思った以上に透明度が高い。
2(主液):1(硬化剤):1(薄め液夏用)の混合比で作りました。
今回は主液200ml:硬化剤100ml:夏用薄め液100mlで
合計400mlで2回吹けました。

このMDFサフェーサーはMDF材のような吸い込みが激しい素材に良く使われている塗料で。今回はベニア板(合板)なので特に小口や表面などは塗料の吸い込みが激しいため
この塗料を選択しました。

使用スプレーガンはF100−G13です。
目はじきの無いように、Bの程度まで均等に塗料を乗せていきます。
この作業を、2回繰り返します。インターバル2時間ぐらい。

この写真Bのような載せ具合が肝です!

これよりも多くても・少なくてもダメ!




@                  A

B

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/1

part2





木目の導管を止めるための作業です。
ワイピングをウエスト・刷毛で刷り込んでいきます。


 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/7/1

part1

パテ埋めを行い。
今日は生地調整です。
ミニサンダーに#180〜#320のペーパーで生地調整していきます。
写真@
特に小口がざらついていたり、バリが出ているので
もしっかりと調整していきます。
写真AB

材質の肌触りがつるっとしてよくなりました。
これで生地調整は終了〜



 
@                   A

B

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/6/30

part2

小口にはこんな大きな穴が・・・ パテ埋め中
@                  A
木工用パテを使用しています
B

ベニアの小口(写真@)が荒いので、木工用パテで埋めていきます。
写真A
こんな箇所が7〜8箇所ありました。

パテ乾燥後は、#220で余分な部分のパテを平らにしていきます。

ようやく下地処理が終わりました。

ここから、艶ありUVクリヤーの塗装スタートです。
 

 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/6/30

part1

今日からスタートです。

素材はベニア(合板)なので、目が深く後に塗膜が
目やせする可能性があるため、
まずは下地処理をしっかりと行うことが重要です。

まずは、お客様より塗らなくても良い場所を
ご支持いただいたいていたので、
マスキングです。

写真Cこんな感じでマスキングしました。
写真D






 
@                         A
 マスキング中
B                         C
マスキング完成
D


 ●本日の塗装屋ドットコム 2011/6/29

 

大きさは幅87cm、奥行き43cm、高さ9cm
あまりのヤマハの小型キーボードオルガンのトップカバーです。
木でできているのですが、素材は合板です。

未塗装(もともと付いていたビーニールは綺麗に剥がれました。)
になっています。よろしくお願いします。

   

 

コンボオルガンの天板(赤)部分の塗装

ビニールを剥がすとこんな感じ・・・

(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介