おもしろ塗装工房本店は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料を通販でお届けする、塗装のプロショップです。

塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 買い物カゴ HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > リペイント > エレキギターの再塗装(ブラック艶あり)

エレキギターの再塗装(ブラック艶あり) 

おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承ります お申込みはこちらから

2008年10月

お客様からのご要望
エレキギターをブラック艶ありでお願いします。

 ●本日の塗装屋ドットコム 200/1/26

 

完成〜

じっくりクリヤーを乾燥させました。
一度は2週間ほど置いて、磨いてみたのですが
クリヤーを重ね吹きしているせいか、まだ磨きが早いようです。
そこで、もう少し乾燥をさせて
磨いてみました!

いい艶でました。(写真右)

完成です。

○○さま大変お待たせいたしました。

 ●本日の塗装屋ドットコム 200/12/27

 

写真はありませんが、2回目クリヤーと
3回目クリヤー

2回で終了しようと思ったのですが、思った以上に
肉持ちがなかったので、急遽3回目を吹きました。

後はじっくり乾燥させ 磨いて終了となります。

 ●本日の塗装屋ドットコム 200/12/15

 

黒のエナメル後
クリヤーを吹いています。

今の時期乾燥が遅くクリヤー吹いても最低でも
1週間は乾燥させないと、磨きができません。

 

 ●本日の塗装屋ドットコム 2008/11/25  


チリ払いして黒エナメル吹き

エナメルの黒を吹いています。
(写真左)
ようやくお客様の要望にこたえられる、色目になってきましたね!

乞うご期待!
 ●本日の塗装屋ドットコム 2008/11/20  

サーフェーサーを乾燥させ、次の作業に入ります。
ベルトサンダーで凸凹を研磨していきます。
(写真左)
ベルトサンデーで研磨できない、小口などは手作業となります。(写真右)
この作業はとっても重要で、しっかりと研磨をしないと後々、仕上げに影響が出る重要な作業となります。
なので、しっかりと手で凸凹等を確認しながら
研磨していきます。

簡単に見えて意外と重要な工程なのです。

 
   ベルトサンダー中        小口その他を研磨
 ●本日の塗装屋ドットコム 2008/11/7  
  荒研ぎをして、下地までしっかりと塗装を研磨していきました。
その後、サフェーサー吹き(写真左)

 ●本日の塗装屋ドットコム 2008/11/1  
随所にお客様がご自分で塗装された痕跡があります。(写真左)

一度すべての塗装を剥がしていきます。
(写真右)意外と手間の掛かる作業です。
 
塗装の痕跡が・・・      頭の薄さを撮ったのではない・・・
 ●本日の塗装屋ドットコム 2008/10/29  
 
                良く見るとメープル材じゃん(@_@;)
今日からエレキギターリペイントスタートです。
良く見ると、なんとメープル材を使用しているぞ!
えっ!これを塗りつぶしのブラックにしちゃうの???

もったいない気もします・・・

しかしお客さんの要望です。
命を吹きかけましょう!
(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介