「 未分類 」一覧

つや消し塗装のヘルメットは、人気が高く多くの人が愛用しています。
しかし、つや消し塗装は維持も難しいです。

「どうやって汚れをとればいいか分からない」
「メンテナンスするときに、塗装まで痛めてしまいそうで怖い」

上記のような悩みを抱えている方も多いはず。
この記事を読めば、つや消し塗装のヘルメットのメンテナンス方法が分かります。ヘルメットをキレイに維持できれば、気持ちよくツーリングに行くことができるので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて、自分でつや消し塗装をDIYする方法も紹介していますので、塗装がかなり傷んでいて、メンテナンスだけでは対応できない方も、ぜひご覧になってみてください。

目次

1.ヘルメット塗装のつや消しは汚れが目立つ!
2.つや消し塗装ヘルメットのメンテナンス方法
Point1:研磨剤が含まれたクリーナーは使用しない
Point2:薄めた中性潜在を使用する
補足:専用のヘルメットクリーナーを使用する
3.【DIYで綺麗にする】自分でつや消し塗装する6つの手順
手順1:シールドなどのパーツを取り外す
手順2:マスキングをする
手順3:塗装前の足付をする
手順4:塗装面を脱脂する
手順5:つや消し塗装を行う
手順6:塗料を乾燥させる
4.自分で塗装する場合の注意点
注意点1:スプレーが近すぎるとムラになる可能性がある
注意点2:作業環境に注意して周りに配慮する
5.まとめ

ヘルメット塗装のつや消しは汚れが目立つ!

※出典:写真AC

ヘルメット塗装のつや消しは、つや有り塗装に比べて艶消し樹脂が入っている分、若干塗膜が柔らかいので、表面に傷や汚れが付きやすいです(傷が目立ちやすい)と言ったほうが良いのかもしれません。
また、皮脂や油分も付きやすいので、手で触るとどんどん汚れていきます。

だからといってヘルメットを触らないわけには行かないので、綺麗に保つには定期的なメンテナンスをすることが必要です。

しかし、拭くだけでは汚れは落ちません。むしろ、傷つけてしまう可能性もあるため、正しい手順でメンテナンスをしましょう。

つや消し塗装ヘルメットのメンテナンス方法

※出典:写真AC

ここからは、つや消しヘルメットのメンテナンス方法について紹介します。
注意点1つとメンテナンス方法を2つ紹介しますので、参考にしてみてください。

Point1:研磨剤が含まれたクリーナーは使用しない

メンテナンスする前に、大事な注意点があります。クリーナーを使用する際は、研磨剤を含んだものは絶対に使用しないということです。最初にお話ししたように、ヘルメットのつや消し塗装には艶消し樹脂が含まれているため、とてもデリケートです。

研磨剤を含んだもので磨いてしまうと、艶が出てしまうので研磨剤を含んだコンパウンドなどの使用は避けましょう。クリーナーを選ぶ際は成分表をみて、研磨剤が入っていないかよく確認してから、使用しましょう。

Point2:薄めた中性潜在を使用する

つや消し塗装の正しい汚れの取り方は、水で薄めた中性洗剤を柔らかい布に含ませて拭き取ります。つや消しのヘルメット塗装を取り扱っているメーカーは、大体この方法を推奨しています。柔らかい布はマイクロファイバーなどがおすすめです。

拭き取る際は強くこすりすぎると、つやが出てしまうので優しく拭き取ります。だんだん強くこすりたくなってしまいますが、我慢して優しく拭きとりましょう。

補足:専用のヘルメットクリーナーを使用する

通常の汚れは、水で薄めた中性洗剤で落とすので十分ですが、虫などが着いている場合、虫の脂分などは落ちない場合があります。そんな時には、温水をウエスに染み込ませ、虫のついた部分を蒸して剥がすか、専用のヘルメットクリーナーなどを使うのもよいでしょう。

ヘルメットクリーナーには、いくつか種類がありますが、つや消し塗装のヘルメットには弱アルカリ性のクリーナーがおすすめです。弱アルカリ性のクリーナーは、油を分解する性質があるため、あまりこすらずに汚れを落とせます。

つや消し(マット)専用クリーナーもあるので、成分表やクリーナーの表紙に書いてある内容を確認してから選びましょう。水で薄めた中性洗剤だけでは、汚れが落ちない場合に試してみてください。

【DIYで綺麗にする】自分でつや消し塗装する6つの手順

※出典:写真AC

傷が大きくメンテナンスだけではキレイにできない場合は、自分で塗装する方法もあります。業者に依頼するより、費用を抑えられるので、手軽に挑戦できるメリットがあります。これから手順を紹介しますので、一つの選択肢として検討してみてください。

手順1:シールドなどのパーツを取り外す

シールドなどの塗装しないパーツを、工具を使用して取り外していきます。塗装しない部分のパーツを、すべて取り外せれば1番良いですが、取り外すのが難しい場合は無理に取り外さなくても大丈夫です。外せなかった部分は、以降のマスキングする際に一緒に保護しましょう。
マスキングテープにはいろいろな種類があります。粘着が強くてもダメ・粘着が弱くてもダメ・下地が侵されてもダメ・貼りやすくなければダメといったようにすべてが整ったマスキングテープを推奨します。

手順2:マスキングをする

シールド部分など取り外した箇所から塗料がヘルメット内部に入らないように、新聞紙やマスキングテープを使用し、塞いでいきます。また、塗装したくない部分や、取り外せなかった部品なども同様に、マスキングテープを使用し、誤って塗装してしまわないようにしましょう。

手順3:塗装前の足付をする

マスキングが完了したら、次は足付です。塗装ののりを良くするために、耐水ペーパーを使用してヘルメット表面に凹凸をつけていきます。最初は600番位の中目サンドペーパーを使用して、徐々に細かいものにしていきます。最終的には、1000番~1500番位の細かい目サンドペーパーを使用して、凹凸を整えていきます。

この足付を怠ると、塗料の乗りが悪くなってしまい最終的な仕上がりに影響を与えます。磨き残しの無いように、ヘルメットの艶が消えるまでしっかり行いましょう。

手順4:塗装面を脱脂する

手で触った部分の油分(汗・整髪料のついた手、お菓子を食べた手)はしっかり取り除いてください。また足付けによって発生した研磨カスを脱脂によってキレイにしていきます。脱脂をしっかりしないと、油分によって塗料がのらず、ハジキの原因になり仕上がりが悪くなってしまいます。脱脂には、シリコンオフ(脱脂溶剤)を染み込ませたウエスなどを使用した方が、脱脂しやすいのでおすすめです。

手順5:つや消し塗装を行う

脱脂が完了しましたら、いよいよ塗装です。つや消し塗料をヘルメットに塗装していきます。一気に塗装してしまうと、塗装にムラができたり、液垂れしてしまう原因になるので、数回に分けて塗装していきます。

1回目は薄く塗装し、30分程度乾燥させてから2回目を塗装していきます。
2回目の注意点は、濡れ色になるまでしっかりと塗料を塗布する。均等に塗膜を乗せることが重要です。艶消し塗料には艶消し樹脂が入っているため、塗膜の乗せムラによる艶ムラが発生するからです。
たくさん塗膜が乗ったところは艶がでてあっさりの箇所は艶が増しますので均等に塗膜を乗せることが重要になります。

手順6:塗料を乾燥させる

塗装が終わればしっかりと塗料を乾燥させます。乾燥しないうちにヘルメットを使用してしまうと塗料が剥がれてしまうので、十分な乾燥時間を設けましょう。
常温25℃で24時間以上。完全乾燥には約1週間~30日

乾燥時間は各塗料メーカーや塗布量によって違いますが、目安として常温25℃で24時間以上。
強制乾燥の場合60℃約30分。完全乾燥には常温20℃で約1週間~30日。
詳細は塗料の説明書を読んで乾燥させてください。

自分で塗装する場合の注意点

※出典:写真AC

自分で塗装する場合、注意するべき点が2つあります。
作業する前に、この記事の注意点を読んで、参考にしてみてください。

注意点1:スプレーが近すぎるとムラになる可能性がある

自分で塗装する際は、1回で塗りきらず、2~3回かけて塗装するとお伝えしました。しかし、塗装に慣れてないと、塗料を吹きかける量にバラつきが出てしまう可能性があります。

スプレーで塗料を吹きかける時に、ヘルメットにスプレーが近すぎると、部分的に塗料が多くなり液だれの原因になります。逆に遠くからスプレーすると塗料が薄くついてしまいます。各メーカーによりますが、ヘルメットから約10~25cm位の距離からスプレーしましょう。

注意点2:作業環境に注意して周りに配慮する

塗装用スプレーには溶剤が含まれているため、周囲に匂いが広がりやすいです。屋内で作業する場合は、換気をしっかりしないと、体調を崩す可能性がありますので注意してください。

屋外で作業する場合も、近隣に匂いが広がる可能性がありますので、迷惑にならない場所を探して作業するようにしましょう。

まとめ

つや消し塗装のヘルメットは、かっこよく、非常に人気で、塗装しやすいのもメリットといえるでしょう。正しいメンテナンスをすればキレイに維持できます。
初めて塗装に挑戦する場合、艶消し塗装は下地のペーパー足も目立たなく、ほこりやブツが乗っても目立ちにくいので艶あり塗装より艶消し塗装のほうが塗りやすいのかと思います。

つや消し塗装のヘルメットは、メンテナンスで綺麗にするだけでなく、DIYでヘルメット塗装をやり直すという手段もあります。つや消し塗装は、単色であるため初心者でも比較的DIYしやすく今回ご紹介した方法であれば初心者でも行えるのでぜひ参考にしてみてください。

また、おもしろ塗装工房ではヘルメットの艶消し塗装法から塗料選びまでアドバイスいたしますので
お気軽にお問合せくださいませ。

ヘルメットをキレイに維持して、気持ちよくツーリングを楽しみましょう。


「バイクのヘルメットを塗装したいけど、費用が分からない」
上記のような悩みを抱えていませんか?

塗装業者に作業を依頼したあと、請求金額が高額だと驚いてしまいますよね。
「金額が分かれば業者に依頼しようかな」そう考える方も多いと思います。

また、ヘルメットの塗装はしたいけど、あまり予算がないという方もいらっしゃると思います。もしヘルメット塗装をDIYできれば、低予算でキレイにできるので、DIYが可能かどうかも気になるところだと思います。

この記事では、バイクのヘルメットを業者に依頼した場合の費用を紹介しています。
記事を読めば、塗装費用の相場が分かるので、実際に業者に依頼するか検討しやすくなると思います。あわせて、ヘルメット塗装のDIYについても説明しています。ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

1.【価格一覧】ヘルメット塗装を専門業者に依頼した場合の費用は?
2.専門業者にヘルメット塗装を依頼するメリット
 メリット1:他にないヘルメット塗装で個性を出せる
 メリット2:自分で塗装するよりキレイに仕上げてもらえる
3.専門業者にヘルメット塗装を依頼するデメリット
 デメリット1:自分でヘルメット塗装するより費用が高額になる
 デメリット2:ヘルメット塗装期間中は使えない
4.ヘルメット塗装を自分でDIYでするには?
5.ヘルメット塗装を業者に依頼した時の流れ
 Step1:塗装業者を探す
 Step2:塗装業者と打ち合わせ
 Step3:ヘルメットを預ける
 Step4:塗装作業
 Step5:ヘルメット納品
6.まとめ

【価格一覧】ヘルメット塗装を専門業者に依頼した場合の費用は?

※出典:写真AC

業者に依頼した場合の基本料の相場を紹介していきます。
紹介するヘルメットの種類は、半キャップ、ジェット、フルフェイスです。

【ヘルメット塗装の費用】

ヘルメットの種類基本料金(単色)の参考料金
半キャップ4,000~25,000円
ジェット7,000~35,000円
フルフェイス10,000~50,000円

単色塗装の場合は、基本的に塗装面積に応じて価格が決定されます。半キャップヘルメットの塗装の場合は、塗装面積が少なく安い費用で塗装が行えますが、フルフェイスなどは塗装範囲が広くなるため、高額になりやすい傾向があります。

また、2色以上の塗装やデザインが複雑なもになると、さらに金額が上乗せされるため、専門の業者に見積を依頼することがおすすめです。

【注意事項】
※上記の価格表は、参考価格です。依頼する業者によって、料金にバラつきがあります。
※今回紹介する基本料金は単色の場合ですので、2色以上の塗装をご要望の方は、依頼する業者に相談してください。
※デザイン塗装、文字入れ、その他パーツへの塗装は別途料金が発生します。
※ヘルメットに割れや、欠けている部分がある場合、補修料金が発生する可能性があります。

専門業者にヘルメット塗装を依頼するメリット

※出典:写真AC

次に、ヘルメット塗装するメリットを紹介していきます。
メリットを知って、ヘルメット塗装を業者に依頼するかDIYするかを検討してみてください。

メリット1:他にないヘルメット塗装で個性を出せる

ヘルメットの塗装は、個性をだせるのが最大のメリットです。
皆がよく使うメーカーのヘルメットだと、他の方とでデザインがかぶってしまう可能性がありますが、オリジナルの塗装はかぶる心配がありません。

バイクのカラーに合わせたり、ウエアに合わせたり、自分の好きなカラーにリペイントするのもよし。世界に一つだけのオリジナルカラーとして他のバイカー達に自慢できることでしょう。

また、個性が出せる複雑なデザインの塗装は専門業者でしか行えないため、DIYよりも専門業者に依頼するのがおすすめです。デザインの提案もしてくれるので、世界に1つだけのヘルメットを作れます。
とにかく個性を出したいと考えている方は、専門業者へ依頼しましょう。

メリット2:自分で塗装するよりキレイに仕上げてもらえる

業者に依頼すればキレイに仕上げて貰える点です。自分で塗装する場合、慣れていないと塗装ムラや液だれが発生してしまう可能性が高くなります。お気に入りのヘルメットが、台無しになるのは悲しいですよね。

また、1度失敗してしまうと、修正に時間がかかってしまったり、塗装場所や時間を作る必要があるため業者に依頼すれば、確実にキレイに仕上げてもらえるので、余計な時間や心配をする必要がありません。

「時間短縮したい」「キレイに塗装したい」

上記の考えの方なら、業者に塗装を依頼することをおすすめします。

専門業者にヘルメット塗装を依頼するデメリット

※出典:写真AC

次に、業者にヘルメット塗装を依頼した時のデメリットを紹介します。
先ほどは、メリットについてご紹介しましたがデメリットも理解した上で、業者にヘルメット塗装を依頼するか検討してみてください。

デメリット1:自分でヘルメット塗装するより費用が高額になる

自分で材料を揃えて塗装すれば、費用は材料費だけなので、安く済みます。
しかし、専門業者に依頼すると材料費だけでなく、工賃も発生するため、自分でやるより高額になってしまいます。複雑な塗装になればより、高額になりますので専門業者に依頼するときは予算に気を付ける必要があります。

デメリット2:ヘルメット塗装期間中は使えない

ヘルメットを預けると、塗装期間中はヘルメットが使えなくなります。業者によりますが、納期はおおよそ10日~1ヵ月程度かかります。混み具合によっては1ヵ月以上かかる場合もあるため、注意が必要です。

ヘルメット塗装している間、バイクに乗る予定が無ければいいのですが、もしツーリングの予定などがある場合には、別のヘルメットを用意する必要があります。

専門業者にヘルメット塗装の依頼を検討している方は、費用面だけでなく「バイクに乗らない時期に塗装を依頼する」、「別のヘルメットを用意する」などの対応が必要です。

ヘルメット塗装を自分でDIYでするには?

※出典:写真AC

ヘルメット塗装は専門業者に依頼するだけでなく、自分で行うこともできます。特に単色などは比較的簡単に塗装でき、初心者でも実践できます。ヘルメット塗装の費用をかけずに、塗装をしたい方は、DIYを検討しましょう。

塗料や道具も簡単に揃えることができ、材料費のみで安く塗装が可能です。
DIYに関して、詳しい手順や方法を知りたい方は「ヘルメットを自分で塗装した人必見!必要な道具や手順を解説します」で紹介していますので、あわせてご覧になってみてください。
また、おもしろ塗装工房ではヘルメットに塗る塗料選びや塗装法もアドバイスしていますのでお気軽にお問合してみてはいかがでしょう。

ヘルメット塗装を業者に依頼した時の流れ

※出典:写真AC

ここからは、専門業者にヘルメット塗装を依頼した場合の流れについて説明していきます。
具体的な流れを理解して、スムーズに依頼できるようにしましょう。

Step1:塗装業者を探す

まずは、塗装業者を探します。情報収集は、主にインターネットになります。
インターネット上に、ヘルメット塗装を請け負っている業者のホームページがいくつか掲載されていますので、予算や好みのデザインにしてくれそうな業者を選びましょう。

インターネットの情報だけでは、分からないことも多いので、気になるホームページを見つけたら、メールや電話で問い合わせてみることをおすすめします。

Step2:塗装業者と打ち合わせ

依頼する業者が決まりましたら、次は打ち合わせです。依頼する業者が家から行ける範囲にあれば、直接会って打ち合わせした方が、お互いの意見を言いやすいのでスムーズに話が進みやすいです。

遠い場所の業者に依頼する場合は、メールか電話でのやり取りが基本になります。

直接打ち合わせができないと、やり取りが中々大変です。ヘルメットの写真をメールで送って説明するなど、自分のイメージをなるべく相手に伝わるようにしなければいけませんが、個人的にはメールでのやり取りをお勧めしています。
後のトラブルをなくすために書面で残しておくことをおすすめします。

そのためには、依頼する前に入念な打ち合わせとデザインの確認(打ち合わせ)が大切です。

Step3:ヘルメットを預ける

打ち合わせが完了しましたら、ヘルメットを業者に預けます。

家から遠い業者に依頼した場合は、宅配便で送る必要があります。家から近い業者に依頼した場合、直接持って行った方が、早くて確実だと思います。

状況に応じて、預ける方法を選択してください。

Step4:塗装作業

ヘルメットを預けたら、いよいよ塗装作業が始まります。

納期は業者によりますが、10日~1ヵ月位が目安です。複雑な塗装や業者が忙しい場合は、1ヵ月以上かかる場合があります。事前に納期については、確認しておきましょう。
本店おもしろ塗装工房ではリペイント作業途中経過をHPにて掲載していますので、進み具合を楽しみながらお待ちいただけます。

Step5:ヘルメット納品

塗装が完了しましたら、ヘルメットを預けたときと同じように、宅配便で送ってもらうか、直接引き取りに行きます。最後に、自分の希望通りの塗装になったか確認しましょう。

まとめ

ヘルメットの塗装は、自分の個性を引き出すのに有効な手段の1つです。
同じヘルメットを長年愛用していて、外観が痛んでいる場合は、業者に塗装を依頼して、リニューアルを検討してもいいでしょう。

また、多くの人が使う人気メーカーのヘルメットだと、かぶりやすい点やツーリング中、同じヘルメットを見かけると、ちょっとがっかりしたりもしますね!世界で一つだけのオリジナルヘルメットで他人と差を付けたい方は、ヘルメットのリペイントを検討してみてはいかがでしょうか。

塗装費用はかかりますが、唯一無二のヘルメットを手に入れられます。