おもしろ塗装工房本店は職人の技術とアイデアでオリジナルリペイント・一点木工品・塗装用具・塗料を通販でお届けする、塗装のプロショップです。

塗料・溶剤 塗装工具・用品 ZESTオリジナル リペイント 塗装技術 買い物カゴ HOME
【おもしろ塗装工房】 HOME > リペイント > カーボン パーツリペイント

カーボンパネル・リペイント 

おもしろ塗装工房は各種製品のリペイント・再塗装を承ります お申込みはこちらから
2010年2月18日開始 
お客様からのご要望
車の内装カーボンパーツをクリヤー塗装して欲しい。

※電話でのリペイント見積もり依頼は、受け付けておりません。
専用お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。

本日の塗装屋ドットコム 2010/3/3

 
フラットになったパーツを改めてウレタンクリヤーを吹いて行きます。
最終工程です。

いい艶ですね〜これでじっくり乾燥させ、カーボンの凸凹がなくなるようなら磨いて完成となります。

仕上がりはクリヤーが完全乾燥しないとわかりません。
凸凹が目立つようなら、もう一度クリヤー吹きです。

本日の塗装屋ドットコム 2010/2/26

 
 

クリヤーじっくり乾燥させた後、もう一度研磨を入れます。
塗料の密着を良くするという意味と、
表面の凸凹を研磨してフラットにするという意味があります。
なので、#1000程度のペーパーでは凸凹が研磨できないため、最初は#320程度で荒めでフラットにしておき、#600〜#1000とペーパー脚が出ないように少しずつ番手を上げて研磨していきます。

本日の塗装屋ドットコム 2010/2/23

 
先日吹いたクリヤーではまだ表面の凸凹が消えなかったため、
もう一度クリヤーを吹きます。
クリヤー は一度ではなく2度吹きしてクリヤーの肉厚を持たせることによって、後の研磨で平ら(フラット)になるように心掛けます。

本日の塗装屋ドットコム 2010/2/19

 


ウレタンクリヤー吹きです。
10:1:7に希釈したウレタンクリヤー
0.5口径のスプレーガンで吹いて行きます。

写真は左のパネルをウレタンクリヤーを吹いたところです。 

本日の塗装屋ドットコム 2010/2/18

 
まずは、表面の凸凹を研磨していきます。
#240の荒めのペーパーで凸凹をとり
(写真左)
その後#320〜#600と番手を細かくしてしていきます。(写真右)

この作業はウレタンクリヤーを吹いた時のペーパー脚をなくすために行っています。


 

本日の塗装屋ドットコム 2010/2/18

 

 

お客様から、カーボンパーツをクリヤー塗装して欲しいとの依頼がありました。

届いたパーツは確かにカーボンの素材そのものが反映されていたため
表面が凸凹しています。(写真左)

(有)ゼスト  〒421-1221 静岡県静岡市葵区牧ケ谷2084 tel.054-276-0222 fax.054-276-0223 【工房のご紹介