模造刀の鞘を再塗装したい人必見! 必要な道具や塗装手順を紹介

模造刀の鞘を再塗装したい人必見! 必要な道具や塗装手順を紹介

近年、「刀剣乱舞」等のゲームの影響で日本刀の人気がより高まっています。模造刀でコスプレをしたい、模造刀を観賞用に購入したいという人も増えていると共に、海外での「侍」ブームにより、日本刀のさやの塗装依頼が海外で増え海外に輸出していることが現在では主流になりつつあります。また昔ながらの「変わり塗り」を施せる塗装職人が高齢化により減少していることもあり、なかなか立派な変わり塗りを希望しても依頼できない現状もあります。

とはいえ手ごろな値段の模造刀は作りが安っぽく感じられるものも珍しくありません。そこで、鞘(さや)を再塗装すると、ぐっと高級感が出てきます。
今回は鞘を塗装する方法を解説しましょう。

  1. 模造刀を再塗装する魅力
  2. 模造刀の鞘は、自分で再塗装可能?
  3. 模造刀の鞘を自分で再塗装する方法
  4. 鞘の塗装に関するよくある質問

この記事を読めば、塗装のコツや注意点がよく分かります。手持ちの模造刀を格好良くカスタマイズしたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.模造刀の鞘を再塗装する魅力

模造刀は、観賞・コスプレ・芝居の小道具・居合いの練習等に使われるものです。模造刀にはさまざまな種類があり、オリジナルの真剣にそっくりの高価なものもあれば、お手ごろ価格のものもあります。お手ごろ価格のものは手軽に購入できるメリットがある一方で、「なんとなく作りが簡易すぎるのが気になる」ということも多いでしょう。また、コスプレなどに模造刀を使用しているうちに、鞘が傷んできたというケースもあります。このような場合、鞘を再塗装することにより、高級感が出たり見た目がよくなったりするでしょう。

2.模造刀の鞘は、自分で再塗装可能?

模造刀の鞘は、石目塗り・松皮塗り・青貝研ぎだし塗りなど特殊な手法で塗られているものもあります。このような特殊な手法を残したまま、個人が再塗装するのはなかなか大変です。そこで、おもしろ塗装工房をはじめとする塗装職人がいるところに依頼するといいでしょう。しかし、単に「この鞘の色が気に入らないので、塗り直したい」「ラメを入れたい」「同じ色に塗り直したい」というレベルの塗装ならば、個人でも可能です。その方法を、次の項から解説していきましょう。

3.模造刀の鞘を自分で再塗装する方法

この項では、模造刀の鞘を自分で再塗装する方法を解説します。

3-1.必要な道具

鞘を再塗装するには、以下のような道具が必要です。

なお、塗料はスプレーガンに入れて吹きつけて使いましょう。塗料をはじめとする各種道具は、おもしろ塗装工房でも通販しています。ぜひ、ご利用ください。

3-2.鞘の塗装方法

3-2-1.マスキング

鞘の塗装方法その1:マスキング塗装をする前に、鞘の鯉口(こいくち)・栗形(くりかた)・コジリといった部分をマスキングテープでマスキングしましょう。これらまで一緒に塗ってしまうと、鞘全体がのっぺりとしてしまいます。また、鞘に傷があればパテでうめましょう。

3-2-2.足づけ作業

足づけ作業足づけ作業とは、耐水ペーパーでわざと鞘に傷をつけて塗料のノリをよくするものです。#320・#400・#600というように、目の粗いペーパーから段階を踏んで目の細かいペーパーを使っていきましょう。

3-2-3.塗装

塗装足づけ作業が終わったら、塗装に入ります。目当ての色を塗る前に、まずはホワイトのウレタン塗料を塗りましょう。そうすれば、元の色を隠すことができます。深みのある色合いにしたい場合は、何度も色を重ね塗りしていきましょう。ラメ入り塗料などを塗ると、また変わった感じになります。なお、色を重ね塗りする場合は、必ず塗料を完全に乾かしてから次の色を塗ってください。

3-2-4.磨き作業

磨き作業鞘の塗装が終わったら、磨き作業を行います。ウレタンクリアーを吹き、乾かしたら足づけ作業を行い、再度ウレタンクリアーを吹きましょう。最後にバフで磨いて完成です。ウレタンクリアーを重ねて吹くことで、塗料が剝がれにくくなり、よりつややかになります。

3-3.塗装に失敗しないように気をつけること

前述したように、塗料を重ね塗りする場合は、必ず完全に乾かしてから行いましょう。生乾きのまま重ね塗りしてはいけません。また、ハケでも塗装できますがスプレーガンを利用した方がよりきれいに塗れます。塗装・乾燥・塗装をくり返すので、どうしても時間がかかるでしょう。乾燥場所を確保して塗りはじめてください。

4.鞘の塗装に関するよくある質問

Q.塗装をプロに任せる場合、どのような塗装が可能なのでしょうか?
A.弊社がよく受ける塗装は石目塗りが多いです。

Q.塗装は、屋内と屋外どちらでやった方がいいですか?
A.どちらでもできますが、屋内の場合は換気を十分に行いましょう。また、塗料が飛び散るので個人的には屋外をお勧めします。

Q.鞘が特殊塗装の場合、それを残したまま再塗装できますか?
A.特殊な技術が必要なうえ、大変難しいので業者に依頼しましょう。

Q.鞘を複数の色で塗り分けることはできますか?
A.はい。マスキングテープで養生しながら時間をかけて行っていきましょう。

Q.塗装道具を一式そろえても再び使用するか分かりません。
A.そのような場合は、業者に塗装を依頼しましょう。道具一式そろえるのと変わらない値段で依頼できます。

Q.塗装をする際の服装はどうしたらいいでしょうか?
A.長袖・ゴーグル・マスク・帽子などをつけ、塗料が体につかないように注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は模造刀の鞘を再塗装する方法を解説しました。鞘の色を変えるだけで、刀の印象ががらりと変わります。手持ちの刀をもっと格好よくしたいという場合は、ぜひ再塗装にチャレンジしてみましょう。

塗装用具・各種塗料を豊富にラインナップ!